トイレは毎日使う場所だからこそ、快適に使えることが大切です。トイレでは詰まりなどのトラブルも起きやすい傾向にありますが、水漏れもまた多いトラブルのひとつです。水漏れが悪化すると水道代もムダになってしまいますし、床が水浸しになる場合もありますので気づいたら早めに修理を行いましょう。放置していると最悪の場合は一時的に使えなくなってしまうこともあります。

修理の方法も、水漏れの原因によって違いがあります。床からの漏れは時に気づきやすいですが、この場合は便器と床との結合部分から漏れていることが多くなっています。さらに最近では温水洗浄便座を導入している家庭も多くなっていますが、こうした機器は細かなパーツがたくさんあり、その部品が劣化することで水が漏れやすくなります。電化製品ですので、漏れの状況を確認する際は電源を抜いておきましょう。

この他では便器内でいつまでも水が流れている、タンクの中での給水が止まらないという場合もあります。この場合はトイレタンク内にあるボールタップやゴムフロートなどが劣化していたり、ずれていることが考えられます。簡単な修理であれば、部品をホームセンターで購入して交換することで対応できることも少なくありません。状況によっては便器を取り外す必要もあり、そうなると素人では対応は難しいものがあります。

修理が難しいと感じた場合は無理をせずに水道業者やリフォーム業者、水道トラブルの専門業者などに依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です