トイレが古くなってしまうと、必ず劣化してしまい修理が必要になることが目立ちます。水漏れなどは代表的な問題でもあり、漏れる可能性の高い箇所はいくつもあります。他の水回りとは異なり、蛇口は設置されていない空間になりますが、それでもトラブルは起きてしまうので、もしも漏れてしまった際には、できるだけ早期に解決することが必要です。トイレ修理で水漏れが起きやすい場所は水栓タンク内のパーツ類を挙げられます。

オーバーフロー管の水の線を見ればある程度は把握できますが、ゴムフロートが劣化していたり、浮き球やアーム部分が損傷したり、ボールタップが壊れている可能性もあります。他にも給水管の接合部分や、温水洗浄機能付き便座をお使いであれば、同じように給水管の接合箇所を疑うことができます。かなりの年数が経過している住宅では、床下で劣化を起こしている可能性も否定できません。給水管の根本部分から漏れている場合や、止水栓が破損していることで漏れる場合もあります。

この現象は実際に目視で判断することができない場所になるので、水道代が急に高くなったり、水を一切使っていないのに、水道メーターが動いている場合は疑ってみることが正解です。問題解決には素人では殆ど不可能な作業になる可能性があります。簡単な水栓タンク内のパーツ交換であればDIYでも対応できますが、それ以外ではトイレの修理を専門にしている会社に問い合わせをすることで、簡単に水漏れを直すことができます。作業は床下で破損している場合でも1日あれば修理することができる場合が殆どで、その他の事例では数十分から2時間程度あれば解決できます。

あまりに劣化している便器をお使いの場合、新品交換も念頭に置いておくことも間違いではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です